×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




冷えと不妊






現在、不妊症と判断される方が、
とても多い時代となりました。

晩婚化、高齢出産など、
不妊の原因となる時代背景が大きいといわざるを得ません。

それに加え、1年中快適な温度で
すごせるようになった、この環境。
女性の体を冷やす原因の1つです。

生理痛のときに、おなかを暖めると少し良くなりませんか?
女性の子宮や卵巣がある、下半身というのは、
とっても、ひえの影響を受けやすいのです。

下半身が冷えると、
生理痛、生理不順、子宮内膜症、子宮筋腫、
卵巣脳腫などを引き起こすもととなることがあります。

これが進むと、着床しにくくなる場合もあります。
冷えと不妊はとっても密接な関係があるのです。

体が冷えると、血液の循環も悪くなります。
血液の流れが悪いと、
その流れに乗って流れるはずの栄養も、
充分に体に送ることができません。

血液の循環がよくなると、卵巣への血流が増え、
卵巣もホルモンの刺激に対応できるようになるのです。

つまり、体を温めると、
子どもを授かるのに一歩近づくというわけです。

冷えと不妊は密接な関係があるようです。
お子様を望む方は、
どうぞ、体を温めてくださいね。

▼▼  PR  ▼▼
ホットストア冷え性対策グッズ
▲▲  PR  ▲▲